HOME > 会社情報

会社沿革

大村紙業株式会社 会社沿革

昭和35年04月
東京都葛飾区堀切にて創業
昭和46年03月
当所にて法人設立
昭和51年02月
本社を足立区東保木間に移転
昭和54年04月
商品管理業務始まる
平成01年10月

大型古紙処理プレス機を導入し、本格的に直納問屋として、製紙メーカーへの納入が始まる
平成05年08月

新保木間営業所を取得。古紙処理用大型クラッシャー機を納入し、東南アジアの製紙メーカーへの原料輸出が本格的に始まる
平成07年03月
越谷営業所を取得
平成10年01月
IBM製サーバーを導入し、自社流通システムを構築し、VAN流通代行業務が始まる
平成11年11月
越谷流通センター開設
平成12年11月
資本金を4,000万円に増資
平成13年01月
管理代行版元を100社から400社対応に、システムのバージョンアップを図る
平成13年02月
社内オンライン化を本格的に整備し、事務センターがスタート
平成14年09月
ホームページ開設
平成15年10月
庄和流通センターを取得し開設
平成16年02月
注文情報のデータ化始まる
平成18年02月
庄和流通センター内に、書籍・ムック返品改装センターとして、4,000坪の 新倉庫完成
平成18年03月
庄和流通センター内に、最新の大型古紙処理プレス機を導入し稼動開始
平成18年10月
出版社共同ネットとの受発注システムの連動開始
平成20年03月
幸手流通センター開設
平成23年10月
庄和流通センター内に、移動式ラック倉庫を含め2,700坪の新倉庫完成
平成24年07月
業界標準流通対応の当社システム「OS-WEB」をリニューアル
平成25年04月
本社を足立区保木間1丁目に移転
平成29年04月
大村直紀が2代目の代表取締役社長に就任
 
現在に至る